May'n 【後編】
- JOGINスペシャルインタビュー -


2013年 7月


JOGINライブレポート
May'n Acoustic Tour 2013《Hang Jam》FINAL
LIVE直後インタビュー

 


 


May'n Acoustic Tour 2013《Hang Jam》FINALのライブ終了後、May'nにスペシャルインタビューを行った。




Q まずJOGINとは、「ジョルダン乗換案内」から見られる上質な情報誌なんですね・・


May'n(以下 M)
あ、私もそれ使っています!!(笑)このJOGINってお洒落で好きです!



Q あ、ありがとうございます!(笑)



Q まず、音楽を志すようになったのはいつぐらいから?
M 3歳の頃、安室奈美恵さんを見て、この人みたいになりたい!って思ったのが最初でした。歌って踊れるアーティストになりたいと・・その後、地元名古屋のコンテストとかミュージカルとかに参加するようになりました。



Q すっと独学で?
M はい。本を見てオーディションを探したり、腹筋鍛えたり(笑)9歳くらいからいろいろなオーディションを受け始めました。




Q 今回のアコースティックライブ《Hang Jam》は今日でFINALですね。こうした形態でのライブは初めてですか?
M 全編アコースティックライブは初めてです。私の曲はデジタルなサウンドが多いんですけど、今回はアコースティックなので、ツアーを通してバンドの音も毎回違って、その瞬間にしかないJamという空間を楽しめて本当に良かったと思います。



Q 音数も薄いからボーカルもかなり前に出てきますよね?
M そうなんです。私自身毎回発見があって、今日はこの曲の哀しさを全面に出せたな・・とか、この曲って切なさの反面うれしさも込められているんだな、と改めて感じる事が出来たり・・音楽の無限の可能性をものすごく感じました。




Q デビュー9年目に入り、ライブでのファンの表情を見ながら盛り上げて、その一体感がすごいなと思いました。
M どんなにリハを重ねてもLIVEは未知な部分が多いですから、ステージにたった瞬間にファンのみんなの顔が見えると「私、今すごい幸せ!!」って感じる事が出来るんです。ライブを通して、ひとりひとりの顔を見て、その時に感じた想いで歌う事を大切にしています。日本武道館や横浜アリーナなど、会場が大きくなってもファンのみんなに《遠いな・・》って思って欲しくないんです。音楽って特別なものだなと思っているので・・隣で誰かの悩みを聞いてあげるのは難しいけれど、音楽でみんなの隣りにいられたらと思っています。




Q 次のライブである東京国際フォーラム ホールAに向けて思う事は?
M ツアータイトルの《LIVE! CAVE! DIVE!》は、みんなの戻ってこられる場所、隠れ家にしたいという想いからつけたので、いつでもファンのみんなが《この場所に帰ってきたい!》って思ってもらえるようなLIVEにしたいです。

ありがとうございました!




インタビューを通して感じた事は、《ファンのみんなと一緒に走り続けたい》アーティストとしての一貫したMay'nの想い。そしてこの想いがある限り、会場がどんなに大きくなってもファンとMay'nがひとつになったライブは、ファンの帰るべき場所になっていくのだろう。




<リリース情報>


8thシングル『ViViD』 、日本武道館公演を収録したBlu-rayディスク「MIC-A-MANIA」を7月24日同時発売!! 


8thシングル『ViViD』【通常盤】


Blu-ray Disc
May’n Special Concert 2013
「MIC-A-MANIA」 at BUDOKAN



ViViDの楽曲視聴は、こちら




<ライブ情報>


秋の東名阪ホールツアー

May’n Hall Tour 2013「LIVE!CAVE!DIVE!」

10月29日(火)東京国際フォーラム ホールA 
18:00開場/19:00開演


11月2日(土)大阪・オリックス劇場
17:00開場/18:00開演


11月4日(月・祝)愛知・愛知県芸術劇場
17:00開場/18:00開演



一般発売:8月25日(日)~


Mayn公演詳細は、こちら 





【JOGIN編集部】




JOGIN HOT STUFFの記事をもっと読む! 

JOGIN Entame chの記事をもっと読む!