和 涼華ランチライブショー
@東京會舘


2013年 7月


第5回放送ゲストプレゼンター
(岡田浩実さん)取材レポート



【What's JOGIN】第5回放送のゲストプレゼンター、岡田浩実さんによるプレゼンを受ける形で、2013年6月9日(日)に有楽町 東京會舘で行われた、元宝塚歌劇団  宙組・星組男役スターの 《和 涼華 ランチライブショー》 を取材した。
第5回放送 岡田浩実さんのプレゼン
ダイジェストは こちら




2009年、宝塚歌劇団を退団してから4年。しかし時の流れをまったく感じさせないオーラを放ちながら、Sing Sing Singの曲に合わせ、会場に和 涼華が登場した。


キレのあるステップで魅了。そしてお客様を随所でエスコートしながらステージへ。


ステージ上で、このショーのMCを努める宝塚歌劇団の後輩でもある、紫陽レネ(岡田浩実さん)とのトーク(パート1)がスタート。


トークは、宝塚音楽学校時代の話に始まり、宝塚歌劇団での生活、思い出の出演作品やエピソード等で盛り上がっていく。

そして2人のパフォーマンスによる《ファントム》で会場は大きく盛り上がった。


続いてのトーク(パート2)部分では、
和 涼華の宝塚歌劇団 退団後の話を。

結婚〜出産〜そしてヨガとの出会い等を中心にトークが続く。


その後、お客様へのお花のプレゼント〜和 涼華による、布施明の名曲《君は薔薇より美しい》でのパフォーマンス〜お客様から和 涼華への質問コーナー等が続き、オリジナルソングである《アプローズ》も披露され、ショーはラストを迎えた。


わき上がった会場からのアンコールで再び登場した和 涼華は、この日会場に来てくれたお客様に心からの感謝を伝えた後、《「炎にくちづけ」よりマンリーコの恋唄》でランチライブショーのエンディングを飾った。





【JOGIN 編集部】 


 




FM FUJI × What's JOGINの記事を
もっと読む!
 

JOGIN Entame chの記事をもっと読む!